YouTuberのカメラ おすすめは!?実際のYoutuberが実体験から教えます。

こんにちは!ごーしんフリーランスTVのごーしんです。2019年6月から本格的にYouTubeを初めて約1年。ちゃんねる登録者数25000人程となりました。

収益化して月収最高は2020年3月分で ¥731,015-

チャンネル登録わずか1万人から2万人でも、ターゲッティングと広告単価の高いジャンル&再生数をしっかり稼げればこれだけの収益になるのです。(ブログの収益も含まれていますが1万円にも満たない金額です。)

今回はその収益からYoutubeの撮影機材についてグレードアップを図りました。

その僕の経験の中からおすすめの機材を紹介していきます。

まずはアクションカムが汎用的でおすすめ!

いわゆるGo Proなどのアクションカムです。防水性に優れるものもあるので野外での撮影なんかにも向きます。レンズを絞ったりする表現はできませんが手軽に撮影できるし手ぶれ補正もしっかりしていて扱いやすいです。

1,DJI Osmo Action

ごーしんは YouTube初期にこのアクションカムを購入し、現在でも使っています。Go Proよりも便利なところは、撮影しながら映り方を確認できるところです。以下の動画はこのカメラで撮影 30FPS フルHD で撮影しています。ビジネス系なので4Kは特に必要ないし60FPSとなるとスローモーションやゲーム実況のジャンルになると思います。

ある程度のアクセサリーを揃える必要があるのでまとまったものがおすすめです。

SDカードではなくmicroSD

このカメラは小さいSDカードになります。そしてある程度の書き込み速度が必要となるので、性能がよく容量の大きいものがベストとなります。

2,LUMIX GH5

そして本格的な美しい映像が欲しければなんといってもこれ。ヒカキンさんやカズさんも使っているGH5。現在も第一線で活躍できます。なんといってもバリアングル液晶で撮影しながら映像を見ることができます。

背景がぼやけて人物がリアルに写っています。
アクションカムとはセンサーサイズもレンズも違うため表現の範囲が広がります。

やはりライバルに差をつけたくなります。ヒカキンさんもおっしゃっていましたが、一流の機材を使うことによって自身のモチベーションも向上し、画質も良くなり内容も良くなる。まさに職人魂です。僕自身もすごいやる気が湧いてきました。

記録はSDカード 2枚同時で行ける!

このカメラは普通のサイズのSDカードでいけます。さらにすごいところは、SDカードを2枚挿して同時に記録できます。たまに撮影したのにデータが破損していることがあります。しかし2枚に記録しておけばどちらかが生き残っているというプロ仕様!最高です。

是非2枚用意したいところですね。

音質にこだわるのならXLR端子(キャノン)でコンデンサーマイクを使おう!

ヒカキンさんも使っているアイテムがこちら↓

カメラから給電してファンタム電源使用可能(+48V)

ごーしんもこれを買いました。もともとレコーディングのエンジニアなので高級コンデンサーマイクを使うチャンス!と思ったからです。

ここまでやるかはあなた次第!世界のプロレコーディングで使われている業界ど定番マイクがこちら!Newmann U87Ai

Newmann U87 Aiです。言わずもがなの世界的超ど定番のボーカルマイクです。ボーカルのみにかかわらず、ナレーションやアコースティックギターやピアノのアンビエンスなどによく使われています。なんでも主役にしてしまうスーパーマイクです。そこらの10万以下のコンデンサーマイクとは比べ物になりません。実際にエンジニアとして試してきましたから間違いありません。

実際にこのコンビはやばいです!

そしてカメラには三脚が必須!四段仕様のこちらがおすすめ!

4段あるので高い位置からも撮影ができます。安定性抜群!

このアイテムを使った比較動画はこちら

今回アクションカムのOsmoActionのみからGH5とノイマンU87Aiコンビが加わって、いっそう動画の表現の幅が広がりました。Vlogやキャンプ動画も挑戦してみたくなったし、ゲーム実況などももっと画質良くできそうです。是非是非皆さん試してみてください!


サブチャンネルのごーしんゲームズもよろしくお願いします!